墓じまい

お墓を取り巻く状況で、頭を悩ませている人は、最近になって増加しているといいます。それは、少子高齢化などの影響で、お墓を守っていく人がいなかったり、遠方のお墓詣りに行かれなくなったなど、墓地を維持していくことが難しくなってしまったという事です。そのため、墓地を自宅に近いところに変えることや、永大供養にするなどと考える人が増えているようです。

さて、そんな場合に必要になるのが、「墓じまい」や「改葬」などです。「改葬」とは、墓地や納骨堂に埋葬した遺骨を、他の墓地や納骨堂へ移動することをいいます。簡単に言えば「お墓のお引越し」です。そして、今までのお墓は、遺骨の移動だけでなく、墓石も撤去して更地にしなければなりません。これが「墓じまい」です。

そして、自分の家のお墓だからといって、勝手に移動したり処分することはできません。お墓に埋葬したときに「埋葬許可書」があったように、今の墓地がある場所の役所で「改葬許可書」を発行してもらう必要があります。

その他にも、供養の抜魂式・入魂式の日取り決めや、お寺の離檀料・石材店の墓石撤去料などの費用支払いなど、いろいろと手続きがあります。いずれにしても、すぐに行えるものではないので、スムーズに行えるように、親族間でよく話し合っておくことが大切です。

関連記事一覧

PAGE TOP